ハギレのハギレで作った印鑑ケース諸々

f:id:browallia:20190714112417j:plain

溜まっている余り革を消費したく、自分用の印鑑ケースを作りました。

 

ジッパー付きのケース⇒前に違うものを試作して放置してた革。

捺印マット⇒表面がスベッとした革の端材。

印鑑の筒⇒とりあえず端材消費で作ってみた。すごく手抜き。

 

全体的に同じ革を使用するとトータルかっこよい仕上がりにはなりそうですね~。

あと印鑑を入れる筒もちゃんとフタ付きなどにするとサマになりそう。

↑こういう感じとか。

 

捺印マットはスベッとした革の端材があまりなく、4cm×4cmしか取れなかったので超ミニになりましたけど、使ってみたら意外と問題なく使用できました。

ヌメ革の端材とか余ってる方にはいいんじゃないかしら。

捺印マットって銀行など外では使うけど、自分だと持ってそうで持ってないですもんね。

何なら周りを縫わなくても、ちょっとかわいい感じの形にカットするだけでもいいかも。

 

中にゴムマットを仕込んだ方がいいのかな?ともおもったのですけど、捺印用のゴムマットがモノによって弾力があり過ぎて押しにくい、みたいな意見も見掛けたので、革だけで作ってみました。リバーシブル。

ちゃんと作ろうとおもったら裏にすべり止めとか付けた方がいいんだろうか~とかおもいつつ。

 

しかし自分用のを作ると端材とかジッパーも安い方を選んじゃったりして出来がしょぼくなります。。(笑)

この革はガンメタっぽい金属のジッパーの方がカッコイイな!とはおもったんですよ~とか言い訳しつつ。

でも金属のジッパーて一個100円くらいするから…!(今回使ったのは4本入って100円くらい)

まぁ滅多に人目に触れるものでもないからいいや。

 

 

因みに調べていてかっこいいなーとおもった印鑑入れ。

木材も使っているし勿論再現しようとは全くおもっていないのですけど、フタがレザーで捺印マットになっていたり、機能面、デザイン性がトータルで優れていてステキやん。